人に教えたくない三

三浦弘行九段をめぐる「ソフト指し不正疑惑」は、将棋界を揺るがす一大事件へと発展しました。三浦九段の対局の様子を間近で目にしていた観戦記者には、どのように見えたのでしょうか。 『週刊文春』2016年10月27日号の報道によれば、三浦弘行九段が、将棋ソフトが示す指し手を参考にしていたのではないか、と疑われているのは、以下の4局である。

「不正が絶対ない環境にして。一番大きな舞台でそれを証明して欲しい」。この言葉が将棋界から出ていれば、と思うのは私だけだろうか。もう渡辺も出場停止でよいのでは?
コメント欄を読んで、表題のところを「普通じゃなかった」から「不自然さなかった」に変えたんだね。それで、三浦九段はどうなってしまうのか…。
思うんだけど、コンピュータソフトで研究してて、この局面ではこの手が良かったので指してみた…。的な事ではないの??それだと一致もする可能性も高くなると思うけど…。疑わしき対局は見ていないからどんな頻度で離席してたかは分からないけど、事前にコンピュータ使って研究してた…だったら不正ではないと思うのだけれど…。今も昔も三浦先生を信じている。信じたい。普通じゃなかった と いつもどおり普通じゃなかった は、全く意味が異なりますよね。 タイトルの付け方が、おかしいです。
確かに丸山さんと羽生さんのコメントには救われた気がした。
思うんだけど 激指14とか持ってる人ならわかると思うけど、あれ 基本pcのCPUとメモリーで強さ変わるよね。三浦九段が自作のハイエンドpcで局面を計算させてるならわかるけどスマホ程度のCPUで竜王戦までいけるかな? ちなみに俺の激指11はcorei7メモリー8GBで将棋クラブ24のレーティングは2700位もちろんノートpcなら棋力は落ちる スマホのCPUじゃそこまで無理だと思うが